喫煙と神経痛

喫煙と神経痛

神経痛は体の様々な部分に出て、激痛や痺れをおこします。そんな神経痛になりやすい人に、喫煙者が挙げられているのをご存知ですか。ストレス解消のためにタバコを吸っている方も多いと思いますが、それが将来辛い神経痛につながる可能性がありますよ。ここでは、タバコと神経痛の話をしていきます。

 

タバコと神経痛
タバコは体に悪いのに、どうしても吸わずにはいられない。そんな人がたくさんいます。肺に影響があるのは言うまでもありまが、実は将来的にとても恐ろしい影響が出るのです。タバコと神経になんの関係があるのか、ぴんと来ないと思いますので説明します。

 

血行が悪くなる
タバコを吸うと地の流れが悪くなりますね。そうすると、末梢へ酸素や栄養が十分に届かなくなります。その結果、筋肉が萎縮してしまいます。そして、たまった疲労物質によって神経が悪くなっていくというわけです。

 

椎間板に悪影響
ニコチンは、椎間板に悪い影響を与えます。背骨の椎骨と椎骨の間を椎間板と言いますが、これはクッションのような働きがあります。ニコチンはコラーゲンを破壊してしまうので、椎間板の主成分がなくなってしまいます。さらに、コラーゲンを作るビタミンCもニコチンにより失われます。

 

そして、ちょっとした衝撃で椎間板が破損。椎間板ヘルニアになりやすくなる状況を作りだします。タバコを止めれば、椎間板は元に戻ることもあります。どうしてもタバコが吸いたい人は、軟骨成分を意識的に取り入れて行った方が良いでしょう。