坐骨神経痛とお風呂について

坐骨神経痛とお風呂について

坐骨神経痛になると非常に強い痛みが出てくると思いますが、この痛みを和らげたいというのは当然です。その上でお風呂に入った方がいいのか、それとも入らない方がいいのか悩むこともあると思います。お風呂に入れば痛みが和らぐということもあると思いますが、またすぐに痛みがぶり返してくるなどすると入った方がいいのか入らない方がいいのかが分からなくなると思います。坐骨神経痛の痛みが緩和することはあるのかについてお話します。

 

坐骨神経痛の時にお風呂に入るのは効果的になります。そもそも筋肉の血行が悪くて収縮がうまくいかない場合や神経の圧迫によって坐骨神経痛になることが多く、冷えが症状を悪化させることもあります。ですので、お風呂に入ることによって患部を温め、血行をよくすることが効果的だということがわかるでしょう。お風呂にはいることで痛みが緩和することがあります。ただ、場合によってはお風呂に入らない方がいいこともあります。

 

お風呂で温めてはいけない坐骨神経痛の症状についてどういったものがあるのかというと、まず炎症があるときです。炎症があれば温める事で痛みは酷くなってしまいますので注意が必要になります。また、病気からくる坐骨神経痛の場合も温めたらウィルスなどの働きを活発にしてしまうことがありますので、まずは坐骨神経痛の原因についてしっかりと把握しておくことが大事になります。